八尾蒲鉾(かまぼこ)店 八尾蒲鉾(カマボコ)店
かまぼこ専門店 八尾蒲鉾店
全国・大阪かまぼこ組合員のお店
大阪市北区池田町6-17
TEL06-6351-8546 FAX06-6351-8546

http://www.kamabokoya.jp
八尾かまぼこ店のこだわり 八尾かまぼこ店季節の商品 八尾かまぼこ店販売商品 八尾かまぼこ店舗紹介 Q&Aお客様の声
運賃目安表 八尾蒲鉾店ご購入方法 八尾かまぼこ店サイトマップ 八尾蒲鉾店ホームへ戻る

八尾蒲鉾(かまぼこ)店の販売商品 ■八尾の蒲鉾(かまぼこ) ■厚焼き ■揚げ物 など商品一覧


八尾蒲鉾(かまぼこ)店の板付けカマボコ

 
八尾蒲鉾(かまぼこ)店のカマボコ写真1
八尾蒲鉾(かまぼこ)店のカマボコ写真2
八尾蒲鉾(かまぼこ)店のカマボコ写真3

大阪の蒲鉾の骨頂、焼き板特 

この板付けの蒲鉾の表面に焼き色を着けるのが大阪の蒲鉾の骨頂と言えます。
昔から、慶弔を問わず、愛されて参りました。 今の私共の出来る最高傑作。せめて指の太さ位の厚めに切り、まずは何もつけず、そのままお召し上がり下さい。

<<原材料名>>
魚肉(主にタラ・ハモなどの白身魚)、でん粉、全卵、酒、みりん、塩、砂糖、調味料(アミノ酸等)、保存料(ソルビン酸)
ご購入はこちら→http://www.kamabokoya.jp/kounyu.htm

八尾蒲鉾(かまぼこ)店/ページTOPへ

八尾蒲鉾(かまぼこ)店の厚焼き

 
八尾蒲鉾(かまぼこ)店の厚焼き写真1
八尾蒲鉾(かまぼこ)店の厚焼き写真2
八尾蒲鉾(かまぼこ)店の厚焼き写真3
 

ふんわり、そしてしっとりと柔らかく、当店自慢の逸品。「大テラ」 

他所では、「厚焼き」と言われる物ですが、大阪では玉子をふんだんに使いカステラに似せて大きく焼いた事からこの呼び方で親しまれています。私は酒飲みのせいか、甘口の玉子焼きが苦手ですので、この「大テラ」も玉子の風味が生かせる程度の薄甘に仕立ててあります。

また当店独自の技法で、膨張剤等使用せず、ふんわりと、しっとりと焼き上げました。

これもやはり厚めに切ってご堪能下さい。わさび醤油もよく合います。
<<原材料名>>
魚肉(主にタラ・ハモなどの白身魚)、でん粉、全卵、酒、みりん、塩、砂糖、調味料(アミノ酸等)、保存料(ソルビン酸)
ご購入はこちら→http://www.kamabokoya.jp/kounyu.htm

八尾蒲鉾(かまぼこ)店/ページTOPへ

八尾カマボコ店の揚げ物

 
大しろ天
きくらげ天
しょうが天
     
ひら天 ごぼう天 八尾蒲鉾(かまぼこ)店の揚げ物
 
     
そのまま召し上がって頂きたいのですが、電子レンジか湯通しにて、少し温めて頂きますと「もっちり」とした食感が楽しめます。
天神さんに縁んだ白天や紅しょうが入りは大阪人好みです。

煮物やうどん、そば等の薬味に使っても美味しく、木くらげ入りの白天はキュウリと酢の物にしても良く合います。特に木くらげをそのまま姿揚げにした天ぷら(大白天)は独特の歯応えが楽しく、私が考え出した物の中でも名物の逸品と喜んで頂いております。
(天ぷら(揚げ物)は冷凍保存できます。)

※当店がしようする油は、「菜種白絞油」。ネギ、ニンニク等の薫野菜や、肉類(牛、鶏、豚等)、生魚、小麦粉、パン粉等の混入物は一切、この油には入れません。
     ご購入はこちら→http://www.kamabokoya.jp/kounyu.htm

八尾蒲鉾(かまぼこ)店/ページTOPへ

 



八尾蒲鉾(かまぼこ)店/ページTOPへ



かまぼこ専門店 八尾蒲鉾店
大阪市北区池田町6-17
TEL06-6351-8546 FAX06-6351-8546
URLhttp://www.kamabokoya.jp
MAIL:info@kamabokoya.jp

Copyright (c) 2002 八尾蒲鉾(かまぼこ) YAOKAMABOKO CORPORATION.All rights reserved.